スタッフブログ

繋がりのある福祉環境作り

”障害福祉”は65歳を境にして”老人介護”の領域に変わります。
つまり…”障害福祉”で利用して来たサービスが終わって、”老人介護”のサービスへと変わってしまうんです。
今まで使っていたサービスが変わり、利用して来た施設が変わり、関わってくれた人が変わる。
環境の変化はどんな人も慣れるまで疲れを感じてしまうものです。

”慣れたら良いじゃん”…そう思うかもしれません。
が、障害を持っている方は人との関わりが難しい方が比較的多くいます。
年齢を重ねると”慣れる”が難しくなって来ます。
…でも、国の決め事では”障害”と”老人介護”は全く違う…
障害を持ち年齢を重ねた人はかなり苦労されると思うんです。

 

等施設はこの隔たりをなくっしたいと考えています。
”障害”と”老人介護”の『バリアフリー化』を!

等施設では”障害”を持った方もご利用いただけます。
少しでも”穏やかな環境変化”ができたらと思っています。
年齢を重ねてから “発達障害”に気づく方もおられます。
誰かの『困った』に寄り添   い続けていきたいと思い、動いています。

 

お気軽に声、かけてくださいね🤗

コメントを残す

*