スタッフブログ

「ちょうかい」のこだわり~③まずは相談してください~

「あずかってもらえるのかしら…」
そんな不安を持っているご家族は多くおられると思います。

「施設へ入所させたい」のか
「家でみていきたい」なのか
「少しの時間なら家で見られるかも」なのか
「お金の問題もあって…」なのか
各家庭で意見は違います。
またご家族の中でも意見や感じ方はいろいろ違いはあります。

 

当施設では「インスリン治療」を行っていたり、「透析」を受けていたり、「人工肛門」や「腎瘻」を造設していたりする方もご利用されています。
また「急に認知症と病院で言われて戸惑っている」だったり、「認知症が進んで戸惑っている」だったり…、そんな方もご利用される中で医院や病院などと連絡をとりケアマネージャーさんと共に関わり、問題を乗り越えた症例もあります。
他にも入院は必要ないけれど、ほかの施設での利用が困難であるかたも、あきらめずにご相談ください。

「ご家族が遠方で…」や「蒲郡や豊川、浜松など県外に住んでいる」そんな方のご相談もお受けします。
条件はご相談時に合わせていきます。
実際、田原市内だけでなく、豊橋市の方や階段を降りることができない方をお預かりしたこともあります。
アルコール依存気味で血糖コントロールがなかなかできなかった方が市外から利用され、体調も良くなり入所施設へ入られた方もみえます。

『まずは関わってみる!』
当施設のもっとうです。

ケアマネージャーさんの情報だけを聴くだけではなく、ご家族と関わることをし続けます。
なかなか声に出しにくいかもしれません。
でも誰かに話すと、別の方法を見つけことができたりもします。
また新たな繋がりの中で解決方法が見つかるかもしれません。
まず『ちょうかいのさと(澄海の里)』にお話しください☺

コメントを残す

*