協力事業所

ご協力頂いている方々のご紹介④

田原市内には訪問看護ステーションが身近にあります
”豊橋鉄道 三河田原駅”すぐにある

『マミーズ訪問看護ステーション』

うちのような施設も訪問看護ステーションも”在宅ケア”部門です。
人間の死亡率は100%。
誰しも経験を必ずすることになります。
元気に生きているときは「そんな縁起でもない」や「まだまだ」と考えることは少ないと思います。
『終活』って言葉も聞かれるようになってきました。
亡くなるとき「どこで、どのように過ごすのか」…
・”病院”で…
・癌などの病気の末期などの方は”ホスピタル”で…
・高齢者や障がいを持っている方で、施設で過ごされている場合、”施設でいつもの環境の中で”…
・家族との時間を持ちながら”自分の家で”…
…等々、色んな場所で、色んな迎え方があります。

最期まで積極的治療を行う方も、痛みがなく安楽に過ごすいことを目的としている方も、生活をする中でその時を待つ方も。
自分でそれを選択することができる時代になっています。

その中で『自宅でその時を迎える』ことを選んだ方には医療従事者が常には身近にいられません。
不安も出てきます。
状態の変化などがあればご家族の不安も大きくなり、心の支えが必要になります。
今回のように『新型コロナウィルスによる感染拡大』があれば、在宅での治療も必要になってきます。
家でいることで”取り残された感”を持つことがさみしく、怖いことです。
これに対応してくれるのが『マミーズ訪問看護ステーション』です。

https://taharakango.com/

うちの様な短期的に施設を利用しながら、自宅へ時々戻る…という過ごし方をされる方もみえます。
そんな時は、施設では「施設勤務の看護師」が…。自宅では「訪問看護師」が関わらせていただきます。

こうして地域で「いつもの環境で、少しでもご本人の希望に沿った介護・看護ができる」様に、」連携しています。

こうしたことも「わからない」「心配だ」などありましたら、私たちに聞いてください。

大きな病院や施設だけでなく、こうして小さな事業所同士も力を合わせて みなさんの想いに添える様、活動しています😑